1日単位ではなく1週間単位で計画する学習方法

小学生の場合、繰り返し練習する計算や漢字、音読などから家庭学習を身につけていく事が大切です。
ですから、大抵は「学校からかえってきて遊びに行く前に宿題と家庭学習をやること」「5時には遊びから帰宅して、それから夕飯までの間にやる」など、1日を単位にしてそれを実行させるのが一般的です。例外なく、毎日がんばらせるというのは、子供にとっても大事な経験になります。

しかし、実際には習い事や学校行事などの関係もあって、「火曜日は家庭学習をやる時間がない」「木曜日は宿題だけで手一杯」などという事もあるでしょう。
また、「水曜日は遊びの日」といっそわりきってしまい、その日は宿題以外は何もしないでいい、という決まりを作るのもひとつの方法です。

こうした場合には、1週間で「やるべき家庭学習の目標」を決めましょう。
例えば、理科と社会はドリルを3ページずつ、計算ドリルは5ページ分、漢字練習は10文字、など決めて、それを1週間できちんとこなせればよしとします。そのスケジュールは低学年ならば親が決めればいいし、年齢があがるにつれて、親がアドバイスしながら、本人が考えて「木曜日に友だちに誘われているから、水曜日に理科と社会を終わらせよう」と計画をたてさせます。

自分で学習の目標をたてる、その目標を達成するための計画をたてる、そして実行する、といった体験はその後の勉強にもおおいに役立ちます。勉強ができる子というのは、こうした「学習計画をたてて管理し実行する」のが得意な子が多いものです。

毎日一定の時間を確保するのが難しい場合や、子供の性格や能力をみながら、こうした学習方法も視野に入れて考えていく事が大切です。