通信簿をもらってきた時の親の態度

今は小学校でも2学期制が増えてきました。すると通信簿は夏休み明けの平日にもらって返ってくる事になります。

ひと昔前ですと、通信簿を父親に見せてお小言をもらい、その後は仏壇に供える、なんて事もしたものですが……。

通信簿は学校の成績表ですから、親としてはまず「ダメなところはどこか」と探してしまいがちです。
小学生の場合は、5段階評価のようなものではなく、「がんばろう」「もうすこし」「よくできました」というような評価の仕方が多いと思います。
特に低学年のうちはほとんどが「よくできました」だったりしますし、また、「がんばろう」のランクも親としても「いったいどのぐらいの成績順と考えていいのだろうか」と微妙にわかりませんね。

高学年になると通信簿も変わってきますが、基本的には通信簿をもらってきたら、親はまず、よくできた部分をたくさん褒めてあげてください。
通信簿をもらって、いい成績を褒められて嬉しくなったり楽しい気分になる「体験」がやる気へと繋がります。

同時に、何をがんばったほうがいいのか、どこがもう少し頑張らないといけないのか、といったポイントを親子でくわしく考える時間を作りましょう。
これは、できていない事を叱るのではなく、算数なら「計算はとてもよくできてるわね。図形はもっとがんばったらいいのかな」と通信簿を元に「これから、家庭学習で何をやったらいいのか」と親子で確認しあうという事です。

通信簿でもうひとつ大切なのは、成績以外の「生活」部分の評価です。忘れ物が多い、整理整頓ができない、といった問題は、実は子供の成績にも直結してくる大事なポイントです。
机の整理ができない子は、えてして授業に集中できていなかったり、気が散っている事が多いものです。忘れ物が多い子は注意不足で、テストではケアレスミスが多かったり、問題の読み間違えが多いものです。

生活面での問題こそ、家庭で直していける部分でもあります。
家庭学習でも、勉強するようにきちんと場所を整えてから始める、ランドセルの中身を確認するといった基本的なポイントを習慣づけるように親御さんが導いてあげるのが大切です。