家庭学習では「母親が学校の先生の教え方を非難しない」こと

これは母親が高学歴だったり、受験経験があったりするとわりとよくある事のようです。
少し高学年になってくると、算数の問題などで学校で教わってくる解き方とは別の方法を親が知っているという事があります。
指導要綱じたい、変化しているせいもありますし、小学校ぐらいですと先生によって多少、問題の解き方などに違いがある場合があります。
また、テスト結果などでも「これならマルをくれてもよさそうなのに」とか作文などで花丸がついてくると「この程度の内容でハナマルをつけられても困る」などと思う事もあるかもしれません。

塾と学校では対処方法が違います。
塾の場合は、疑問点があれば先生に率直に質問をするべきです。親が望んでいる勉強の方向や、希望があれば、伝えておくべきです。
しかし、学校の場合は、よほどの事がない限りは、基本的に先生の指導に任せるべきです。算数の問題の解き方で、もっと別の楽な方法があったとしても、まずは先生の指導したやり方を完璧にできるようになる事のほうが大切です。

一番いけないのは、「なんで先生はこんなやり方をするのかしら」、「先生が間違ってるわよ。ママは受験で成功したけど、こんなやり方じゃなかった」などと先生を非難したり、間違っていると指摘する事です。

家庭学習は、あくまで学校の勉強を補う為のものです。
その学校で習うことを指導する先生を、親が非難すると、子供も同じように先生を非難します。先生をバカにしたり、先生との信頼関係が崩れるきっかけになってしまうと、結果的に勉強に良い影響を与えません。

例えばもし、疑問に思う事があっても、学校の先生の指導内容については、目に余るものがない限りはそのやり方に倣うようにしたいですね。