家庭学習では「母親が学校の先生の教え方を非難しない」こと

これは母親が高学歴だったり、受験経験があったりするとわりとよくある事のようです。
少し高学年になってくると、算数の問題などで学校で教わってくる解き方とは別の方法を親が知っているという事があります。
指導要綱じたい、変化しているせいもありますし、小学校ぐらいですと先生によって多少、問題の解き方などに違いがある場合があります。
また、テスト結果などでも「これならマルをくれてもよさそうなのに」とか作文などで花丸がついてくると「この程度の内容でハナマルをつけられても困る」などと思う事もあるかもしれません。

塾と学校では対処方法が違います。
塾の場合は、疑問点があれば先生に率直に質問をするべきです。親が望んでいる勉強の方向や、希望があれば、伝えておくべきです。
しかし、学校の場合は、よほどの事がない限りは、基本的に先生の指導に任せるべきです。算数の問題の解き方で、もっと別の楽な方法があったとしても、まずは先生の指導したやり方を完璧にできるようになる事のほうが大切です。

一番いけないのは、「なんで先生はこんなやり方をするのかしら」、「先生が間違ってるわよ。ママは受験で成功したけど、こんなやり方じゃなかった」などと先生を非難したり、間違っていると指摘する事です。

家庭学習は、あくまで学校の勉強を補う為のものです。
その学校で習うことを指導する先生を、親が非難すると、子供も同じように先生を非難します。先生をバカにしたり、先生との信頼関係が崩れるきっかけになってしまうと、結果的に勉強に良い影響を与えません。

例えばもし、疑問に思う事があっても、学校の先生の指導内容については、目に余るものがない限りはそのやり方に倣うようにしたいですね。

家庭学習では「なんでできないの!」は禁句です

毎日毎日、子供の勉強を見守っていると、ときおり「どうしてこう、できないのだろう」と母親も頭を抱えたくなる時があります。毎回同じ所でミスをしたり、せっかく昨日はできたのに今日やらせてみたら又間違えるようになってしまった、とうい場面もあることでしょう。

よく、「感情的に怒ってはいけない」といわれます。
母親が感情的になるというのは、ストレスがたまっている時です。家庭学習におけるストレスは「こんなにやっているのに、うちの子はちっとも成績があがらない」という事でしょう。

その時に多くの母親が、どこかで「こんなにわたしがやってあげてるのに、どうしてうちの子はできないのか」「こんなにわたしが毎日つきあってあげてるのに、なんでやる気をみせないのか」と実は「私がこんなにやってあげてるのに」という部分でストレスを感じているのです。
そのはけ口として、うまくいかなったり、子供が不満げな顔を見せたりすると、わかっていても「なんでこんなこともできないの!」と怒鳴る事になってしまうのです。

勉強しなさい!宿題あるんじゃないの?を言わずにやる気にさせる方法

子供の勉強は、「子供にさせるもの」でも「子供にしていただくもの」でもありません。親が無理矢理勉強させる事は、どちらにしても小学校低学年ぐらいまでで、その後はなかなか親の思ったとおりにはならないものです。また、勉強とは、親が子供にお願いしてやってもらうものでもありません。

あくまで勉強は子供が、子供自身のために必要であり、大人が仕事をするように、子供にとって学校へ行き勉強をすることが大事な事なのだとまず親子で理解したいですね。

そして、家庭学習では母親も一歩後ろにさがって、落ち着いた気持ちで見守るようにしましょう。
時にイライラする事があったなら、ちょっと部屋から出て深呼吸をしたり、別の事をしてとにかく頭を冷やしてから、ふたたび子供の勉強の手伝いをしましょう。

「どうしてこんなこともできないの」、こう怒鳴ったところで、子供は「できるようになる」わけでもなく、「できるようになりたい」とも思いません。
今、できなくても、「がんばって、できるようになろう」という前向きな気持ちになれるよう導くのが母親の役目なのです。

家庭学習で「誰かと比べること」をしてはいけません

塾の良さは、ライバルがいる事です。
周囲に自分と同じように勉強をし、成績を競う相手がいることは時に子供のやる気を倍層させる効果もあります。
しかし、家庭学習では誰かと競わせるような励ましを与えないほうがいいでしょう。
あくまで家庭での学習は、学校での勉強をカバーする為のもので、成績の順位の為のものではないからです。

特に母親にありがちなのは「○○くんはもう分数の計算もできるんだって」「××ちゃんは4年生までの漢字をすでに書けるらしい」というような、友だちと比べる行為です。
お子さんのやる気を出させようとして奮起させるつもりで言ったにしても、お子さんはいい気持ちがしません。先生と違って、母親に対してはいつでも「自分の味方」だという潜在的な信頼感があります。負けず嫌いの子を奮起させる方法はもっと別のやり方を考えなくてはいけません。
友だちと比べるのはよくないと理解していても、「お兄ちゃんがあなたぐらいの時はもっとできた」「お姉ちゃんが5年生の時は毎日2時間勉強していた」と兄弟関係で比べてしまうことはよくあります。特に上の子の成績がよかったりした場合には、「同じぐらいできるはず」という思い込みから、ついついこのような比べ方をしてしまいます。

兄弟姉妹でも子供の個性はそれぞれです。
伸びる時期も違えば、得意不得意科目も違うでしょう。

励ましを与えることと、誰かと比べて「だからもっとやりなさい」「もっとできるはず」という言葉は大きく違います。後者は脅しに近い感覚をお子さんが持つかもしれません。自分はどうせできない子なんだという開き直りの理由にもなってしまいます。

誰かと比べて何ができる・できないではなく、本人の中で「できた事」を見つけて褒めてあげましょう。
「昨日はここを間違えたけど、今日は全部できたわね」「ちょっと前までは机に向かうのも大変そうだったけど、最近はとてもやる気があるのね、お母さんうれしいな」といった具合に、昨日よりも今日できた事を、勉強に向かう姿勢がよくなってきた事を、その都度、言葉にして褒めてあげましょう。

家庭学習では「子供を褒めて勉強させる」のがコツなのです。