成績が伸びる家庭学習のコツ

塾に通っていない・中学受験を視野に入れていないお子さんの場合、家庭学習の比重はとても大きくなります。
小学校の学習は、中学校につながり、高校受験という大きな目標に直結していくからです。
高校受験では、多くのお子さんが最終的には塾を利用するかもしれません。しかし、小学校のうちに「学校(塾)で習った事を家庭でしっかりと復習する」習慣をつけると、実際に中学へ行ってから、また受験準備を始めてから、大きく成績がアップします。

基本は学校の宿題をきちんとやることです。
学校の宿題の量が適切でないと思ったら、今のレベルに適した教材を選び、少しずつでも家庭で継続してやらせるようにしましょう。小学校のうちは、受験を考えていないのならば、予習に力を注ぐ必要はありません。どちらかといえば、予習をして、実際の授業のときに「もうわかってるから」と集中力が欠けてしまうことのほうが問題だからです。
授業のノートの使い方も家庭学習では重要です。
宿題以外に「復習」させるのには、まず、今日の授業で何を習い、それを理解しているか・身に付いているかを確認することが大切です。
授業できちんとノートがとれていれば、それだけで、まず基本的な勉強の姿勢が出来上がっており、集中力もあるという事になります。帰宅して、ノートを見ながら、低学年なら親に「今日はおおきい数をやった。10のかたまりで数えるんだよ」と話させる事からスタートしましょう。そこから、だんだんと自分で「わからなかった事」を見つけて、調べたり、学習しなおす能力をつけさせます。
実際に、学校の宿題をきちんとやり、ノートを見ながら復習するだけで、低学年でも1時間弱はかかるかもしれません。
それぐらい、授業をきちんと理解させるというのは大変な事なのです。

さらに時間があれば、国語なら漢字や短文読解のドリル、算数なら計算や短い文章題がのっているドリルなどを利用して、反復練習で何度もやらせて、力をつけましょう。100マス計算などもこの反復練習のうちに入ります。