漢字や熟語などは反復練習させる

算数では計算の能力が必要なように、国語でも漢字を間違いなく覚える事は「点数の積み増し」ができるもっとも簡単な方法です。

現在、1年生でも80コの漢字を習います。
たかだか80、と思うかもしれませんが、1年生は最初にひらがなとカタカナを習うわけですから、実質的には夏休み以降の数ヶ月の間にこれだけの漢字を覚える事になるのです。
漢字を書く事が楽しく思える1年生のうちに「漢字は繰り返し書いて覚える」習慣をつけたいところですね。
低学年のうちは、親が側について、書き順に特に注意して見守りましょう。書き順がおかしなまま覚えていくと、それからだんだんと漢字が覚えにくくなります。

学年があがると慣用句や熟語、反対語、同異義語といった問題も出てきます。
これらも基本的には反復練習をして覚えられるものです。
文章を読み、内容を理解し、さらに書き手の意図を想像したり、主人公の気持ちを汲取るといった学習は、同じような問題を10回やったからといってすぐに結果が出る事はあまりありません。
しかし、こうした言葉や漢字の問題は、やればやっただけ成果が出やすいものです。
そして、「一生懸命やってみたら、テストの点数があがった!」とお子さんが実感できると、きっと国語に対するやる気そのものもアップする事でしょう。

つまり、点数のとりやすい・成績のあげやすい漢字や文字の問題は、繰り返し学習や単純に暗記する学習のしやすい「家庭学習」にもっとも向いているとも言えます。

ただ、暗記や単純な反復練習は、子供も飽きてしまったり、集中力が続かない事がよくあります。
そこで家庭でも、親が側にいて見守りながら励ましたり、一緒にまるつけをしてたくさん褒めてあげたり、「継続する」ためにいろいろと工夫をしてあげるとよいでしょう。