家庭学習をする場所について

家庭学習は、低学年から中学年ぐらいまでは、あるいは高学年になっても多くのご家庭でリビングルームなど親の目が届く所でやらせているようです。よく言われるように、個室でひとりでやるよりも、そのほうがいいと思います。

とはいえ、リビングならどこでもいいのか、といえばそうでもありません。
まず、きちんと座って姿勢を保てるテーブルと椅子がある場所がいいですね。床に座って座卓のようなものでも大丈夫ですが、テーブルの高さと座った子供の位置に注意しましょう。
姿勢が悪いと、字も汚くなり、また目も悪くなりやすいのです。姿勢を正しく保つためには、本人の意識はもとより、背丈にあったテーブルと椅子を用意する事が大切です。
テーブルの上に、お菓子の袋があったり、読みかけの雑誌があったりすると、ちょっとした事でも子供は気を散らせます。なるたけ、テーブルの上には勉強道具以外は出ていないように片付けましょう。勉強を始める前に「一緒に片付けようね」と言って、リビングに出ているオモチャやゲームをお子さんに片付けさせ、お母さんはテーブルをきれいにすると、「勉強を始める」気持ちが整って気持ちよくスタートできますね。

もちろん、テレビは消します。
お母さんは常に横に立って「見張る」必要はまったくありません。簡単な家事、アイロンがけや洗濯物をたたむ、台所とリビングが見渡せるのなら洗い物などをしていてもかまいません。ただ、お子さんのちょっとした変化、問題が解けないようだとか、何か別の事を考えているとか、そうした変化に気付いて、声かけができるようにしておきたいですね。

お子さんが集中できるように周囲を片づけ、お母さんはお子さんの様子を見守れるようにする事で、家庭学習の環境は整ったといえるのではないでしょうか。

褒め方もいろいろある

子供のやる気を引き出すためには、なんといっても「褒めて育てる」事が大切ですね。
しかし、なんでもかんでも褒めればいい、というものでもありません。

特に大切なのは、お子さんの性格にあわせて「褒める」ことです。
お子さんによっては、自分以外の人がいるところで、「すごいねー!」と褒められることによって、自慢に思い、嬉しくなってやる気が倍増します。
ところが、みんなの前で褒められると、ちょっと引いてしまう子供もいます。おじいちゃんおばあちゃんもいる席で「○○ちゃんは最近すごく勉強をがんばっていて、この前のテストは100点だった」と報告すると「やめてよ、お母さん」と不機嫌そうな顔をする子もときおりいます。
本当は嬉しいけれど恥ずかしがってるのだ、と親は思いがちですが、中には本当に周囲に「がんばった報告」をされるのを嫌がる子もいるので、自分のお子さんのタイプを注意深く見守るようにしましょう。

また、大袈裟に褒めるのがいい子もいれば、小出しにして、ちょっとした事でも「あら、すごいじゃない」と褒めてあげるほうがテンションがあがる子もいます。

もちろん、その子の性格だけでなく、その日の気分や褒めてもらう内容によっても変わるでしょう。

やる気を出させるために、褒める事はとても大事なのですが、「やる気を引き出すためには」と親があまり意識しすぎて、わざとらしくなってくると、子供は敏感に感じ取ります。
ですから、親としては子供の努力や姿勢をよく見守って褒めてあげましょう。例えば、テストの点数があがらなかったとしても、それまでにいつもよりたくさん勉強して頑張っていた、という事がわかるのは家庭学習を見守っていたお母さんだけがわかる事です。こういう事こそ、「あんなに頑張ってた姿を見て、お母さん嬉しかった。○ちゃんはすごいなぁと思ったよ。今回はテストの結果につながらなかったかもしれないけど、よくがんばったよね」と褒めてあげてください。

自分の努力、頑張りをお母さんは見ていてくれた、という思い、「お母さんに認められた」という思いが、次のやる気へとつながっていく事でしょう。

家庭学習をするテーブルと椅子について

お子さんの入学と同時に、学習机を用意したご家庭も多いかもしれません。実際に、自分の部屋の自分の机で、ひとりできちんと勉強ができるようになるには時間がかかります。
お子さんの性格にもよりますが、早い子なら3〜4年生でも大丈夫ですが、成績の良い、集中力のあるお子さんでも、小学生のうちはリビングルームで勉強をしていた、というのはよく聞くところです。

学習机の場合は、机の高さと椅子の両方が調整できるようになっています。お子さんを座らせて、姿勢を正せて、足がきちんと床について背筋を伸ばして机に向かえるよう気をつけてあげるのは簡単です。
ただ、リビングでやる場合は、ダイニングテーブルを利用する事が多いと思います。この場合、子供の中途半端な背丈ですと、テーブルと椅子の高さがうまくあわないことがあります。
「姿勢よくしなさい」と言っても、すぐに背中がまるまったり、逆に首を伸ばすような格好になりがちだったら、椅子にクッションをあてたりして調整してあげてください。

また、床に座って座卓のようなものでやる場合には、どうしても背中を丸めて顔をノートにくっつけるようにして勉強しがちです。
このあたりも、テーブルが調整できるようなら、正しい姿勢を保てるように注意してあげたいですね。

勉強をする時の子供の姿勢、というのは実はとても重要だと言われています。最近では小学校でも、1年生は特に先生のほうで「姿勢をよくして」と注意を促すような指導法をとっているところが増えています。
きちんとした姿勢で、鉛筆を正しく持って書く、という事は、丁寧な字を書く事につながります。丁寧な字を書こう、という意識は、集中力を養い、また、ケアレスミスを減らす事ができます。
乱暴に殴り書きしている答案用紙は、採点する側も「読めないから減点」という事になりがちですし、きちんと問題を読んでいないとか、本当はわかっている問題を適当にやってしまうといったミスにつながります。

家庭学習でも、机と椅子のバランス、お子さんの姿勢については親御さんがよく気をつけてあげたほうがいいでしょう。

褒めて褒めて、好きな教科を増やしてあげよう

どんな教科でも、受験を考えていようといまいと、勉強できる子の基本は「やる気がある」という事です。
好きな教科はえてして得意科目になります。それは好きだからいっぱい勉強して成績が良くなるし、成績が良いから楽しくて好きになる、という好循環で回って行きます。すると、常にやる気が充実して、ますます成績がアップするというわけです。

その逆を考えると怖いですね。
成績が落ちてくると、その教科が嫌いになる。嫌いな教科だから勉強していても面白くなくて、やらなくなるから、もっと成績が落ちる。親に怒られたり、先生に言われたりして、やる気もすっかり失ってしまう、というわけです。

成績はおいそれとあがらないかもしれませんが、親が家庭の中でできることとしては、子供に「勉強を好きにさせる」ことです。
勉強が好きになれば、成績はアップし、結果的にやる気も生まれて来るということですね。

では、どうしたら、例えばお子さんが算数を好きになってくれるのでしょう。

一言で言えば、まず「褒めること」です。
単純に子供をアゲアゲの気分にさせてあげようという事です。
「すごいわね〜、こんなにできるの」「算数は得意なのね」「お母さんビックリしちゃった。後でお父さんにも褒めてもらわなくっちゃ」
こうして、子供をいい気分にさせてあげましょう。たったひとつの、簡単な問題でもいいのです。自らノートを開いて、問題を解いてみせたら、大袈裟なぐらい褒めてあげてください。

褒められて、嬉しくなり、もっとやろうという気になる。これがやる気を増やして行く、もっともベーシックなテクニックなのです。そして、勉強量を増やす事で成績の結果につながってくると、算数が大好きになり、大好きだから得意科目になる、といった好循環になるというわけです。

小さい事でも「目に見える成果」を作ってあげる

親の褒め言葉と同時に、「これだけやった」という本人の満足感、達成感も「次のやる気」につながります。
もっともわかりやすいのは成績がアップしたり、テストの結果が良くなる事です。
ところが、なかなかそうした点数や成績といったものに努力や頑張りの結果がすぐにあらわれる事はありません。
そこでお子さんのやる気がダウンしてしまうわけです。

家庭学習では、例えば使う教材のドリルなどは特に低学年のうちは薄いものを選ぶといいかもしれません。
とにかくきちんと1冊を「やり終える」という事が大事です。ドリルが1冊終わることで「こんなにやったんだ」という充実感を味わう事ができます。目に見えて「できた・やった」という事が子供の場合には特に重要になるのです。

ドリルと同じように、薄いノートを用意して、毎日学校で習った勉強を写す、とか、教科書の問題をもう1度解く、という方法を続けて、1冊のノートをきちんと使いつくす、といった体験もできますね。ノートを使い終わる、というのはもっとも身近で単純な方法なのですが、きちんとノートをとる事ができる、利用できるというのは「成績の良い子」の特徴でもあります。

他にも、「毎日家庭学習をやる」という目標をたてて、カレンダーにシールやマークをつけて、ちゃんと一ヶ月できた事が「誰が見てもわかる」というのもひとつの方法です。
時々、お父さんがカレンダーを見て「すごいな、毎日休まず続けてるね」と声をかけてあげるのもいいでしょう。
本人もマークをつけることで「こんなに毎日続けてるぞ」と実感できます。

見えない努力を、見えるようにしてあげることで、「がんばったぞ」という結果を本人に実感できるようにさせてあげてくださいね。

家庭学習の勉強道具について

勉強をするには、教科書やノートと共に、筆記用具が必要です。学校によっては、筆箱の指定があったり、キャラクターの消しゴムはダメなど決まりがある所もあるでしょう。

ご家庭では、基本的に学校の筆記用具を使えばいいと思います。
ただ、ゲームができるキャラクターの鉛筆とか、ちょっとした遊び道具のついている筆箱や消しゴムなどは、やはりどうしても子供の気が散ります。
できれば、家庭でも学校でも、勉強道具としての筆記用具はシンプルで使いやすいものを選びたいですね。
何もかも禁止という必要はないと思いますが、たとえば、家庭で遊ぶときや絵を描いたりする時用の「遊び用筆記用具」と勉強用の筆記用具はわけたほうがいいと思います。

家庭学習で、書き込み式のドリル以外に勉強させる場合は、専用のノートを作りましょう。
高学年ならば教科別に用意して、その日の復習に使ったり、教科書の問題をもう一度やる時に使用したり、学校のノートを写して暗記する、といったように使います。
低学年のうちならば、1冊のノートで算数と国語を共用してもかまわないと思います。
低学年のうちは「これだけやった。こんなにできた!」と実感させることも大事な経験なので、薄いノートを用意して、1冊終わるたびに「すごいね、これだけ勉強したんだね」と褒めてあげて、ノートに通し番号をつけると子供のやる気を促すことができます。

特に低学年のうちは、目標達成シールのようなものを用意すると喜びます。簡単な表をつくって、今日の勉強をしたら(たとえ10分でも宿題をちゃんとやれたら)シールをはらせて、30コシールがついたら「ドーナツを買いに行こう」などとご褒美をつけるのもいいかもしれません。ご褒美は「ゲームを買ってあげる」というような「報酬タイプ」ではなく、一緒にリモコンカーを走らせに行く、とか、ドーナツ屋さんで食べる、とか、女の子なら次の表に貼るシールを好きなものを選んで購入する、などといった事にしましょう。
高学年の場合は、本人に目標のスケジュールや表を立てさせて、それを「実行していくこと」を実感させてあげましょう。
できた場合には、お母さんだけでなく、夕飯の席などでお父さんなどにも報告して、たくさん褒めてもらうようにするといいですね。

他に兄弟姉妹がいる場合

小学生ぐらいのお子さんの場合、兄弟姉妹がまだ小さかったりする事もあるかもしれません。
中学生や高校生のお兄さんお姉さんなら、「妹が勉強している」とわかれば邪魔をすることもないでしょうが、小さいお子さんだとなかなかそうもいきませんね。

まだ泣いてるだけの赤ちゃんならお母さんがお世話をすればいいのですが、3歳児ぐらいから幼稚園ぐらいまでだと、小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんが勉強している姿が興味深くて、何かとちょっかいをだしたがります。

普段から、上のお兄ちゃんお姉ちゃんは、弟妹のために叱られたり、「お兄ちゃんだから」と我慢させられている事もあるはずです。
リビングで家庭学習をしている間は、ぜひ、小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんを優先させてあげてください。
弟や妹たちには「一生懸命勉強をしているのだから、邪魔をしちゃいけないよ」とちゃんと教えてあげてください。
勉強しているノートにいたずら書きなどをしたら、悪気はないにしても、「これは大事なノートだから」と説明しましょう。

幼稚園ぐらいのお子さんなら、別に専用のノートを用意してあげて、お兄ちゃんたちが勉強をしている間は「○○ちゃんもお絵描きの時間ね、お勉強やってみる?」といったように、遊び感覚で机に向かう習慣をつけてしまうのもひとつの方法です。
とはいえ、この年頃の子は飽きやすいものですから、お絵描きをやめて別の事をやり始めたからといって、親が怒ったり、椅子に戻したりする必要もありません。

実際に、多少の雑音や子供の会話があっても、本当に集中力のある子は自分の勉強に没頭できます。
下の兄弟姉妹が大声でケンカして泣き叫んでいるようではさすがにどうかと思いますが、それでもちゃんと「お兄ちゃんががんばって勉強しているんだよ」と本人の前で言ってあげる事で、「大丈夫、うるさくてもできるよ」という方向に進むことができます。

ダメなものまで褒めないこと

褒める事によって「子供のやる気を引き出す」のは定番です。
褒めて育てろ、という話は広く親御さんの間に浸透しているようですが、中には「悪い所でも褒める」といった、多少の勘違いをしている親御さんもいるようです。

ダメな所から、「良い所」を探して褒めるのはいいのですが、ダメなものを目をつぶって「それもよし」と褒めるのは違います。
例えば、学校の宿題をやらなかったら、それはどうやっても「ダメ」です。学校の宿題はきちんとやるべき事であって、それをしなかったり、「今日は宿題はなかった」などと嘘をついて、実際にはあった、という事がわかった場合には、これはきちんと叱る必要があるでしょう。

感情的に怒る必要はありませんが、子供が間違った事をしたり、嘘をついたりして勉強を怠けようという場面があったら、その場を逃さずにきちんと「ダメな理由」を説明しましょう。
この説明もダラダラするのではなく、また、理由の理由を述べる必要はありません。ダメなものにへりくつをつけてくる子供もけっこういますが、「それはイケナイ事だから」と、へりくつに対しては断言して終わらせていいのです。

ダメな事はきちんと子供に伝え、納得させましょう。
もし納得しない場合にも、ダメなものはダメだという事で押し切っていいと思います。

大事なのは、他人の前で見せしめのように叱ったり、他の人と比べて「だからダメなのよ」と感情的に怒ったり、子供の言い分を全く聞かずに一方的に長々とダメな理由のみならず過去の失敗まで持ち出して説教をする、といった「叱り方」です。
こうした叱り方では、それこそ「やる気」がなくなってしまいます。

ポイントをしぼって簡潔に叱りましょう。
そして、絶対に許せない事やイケナイ事をしっかりと叱った上で、褒めてあげたい部分はたくさん見つけて、小さい事でも褒めてあげるようにすればいいのです。

なんで勉強をしなくちゃいけないの? という子供の問いかけに対して

やる気をなくした子供がよくする言葉に「なんで勉強なんかしなくちゃいけないの?」という親に対する問いかけがあります。

この質問、けっこう難題です。しかも、子供が一度は口にするもっともスタンダードな質問でもあります。

やる気に関連づけして考えるのならば、「勉強する理由」に子供本人が納得すれば、やる気は再び出てくるとうい事になりますね。

親としては勉強するのは「当たり前」だとか、親の仕事と一緒で勉強は子供の仕事だ、というような「理由にならぬ理由」で逃げるタイプと、将来勉強をしないと仕事につけない、頭が悪い子は大きくなってお金持ちになれない、勉強をしないと学校に進めず仕事にもつけなくて、最終的に不幸になる、といったようなネガティブなイメージで答えるタイプといます。

しかし、どちらもあまりよい方法とは言えません。

この手の質問を子供にされた場合、まずお子さんの考えを聞いてみましょう。
特に将来何をしたいのか、小学生ならどんな中学に行きたいのか、サッカーや部活などやりたい事はあるのか、例えばお父さんみたいに仕事をして家族をもちたいのか、といった具体的な話をしてみましょう。
したい事、やりたい事があれば、それに「勉強」をつなげてみましょう。
サッカー選手になるんだってルールを理解し、戦略を立てるにはいろいろな勉強が必要になること、その基礎として学校の勉強がある事、などを説明してあげましょう。

学校を出て、いずれ「何かになりたい」時がきたときに、何も勉強していなくて、極端な事を言えばひらがなが読めず、簡単な計算もできなかったら、「自分のやりたい事をめざすこともできない」のです。逆に今がんばって勉強したら、いろいろな力が子供について、将来の夢が決まったときに「きっとその夢が叶う手助けになるよ」と話してあげましょう。

一番大切なのは、どうしてそのような質問をしているのか、子供の今の状況を、会話の中で見つけていくことです。
何が嫌で、どうして勉強をやりたくないと思ったのか、という気持ちを、こうした会話の中から吐き出させてあげてください。
直接「なんで勉強が嫌なの」と聞くよりも、会話の中で自然と子供自身も吐き出せるように導けるといいですね。

視覚的な教材を利用して、理科を身近なものにさせよう

理科の勉強をご家庭でしようと考えたときに、利用しやすいのはホームページです。
教材やドリルもいいのですが、理科の場合は動画による解説が非常にわかりやすいことがあります。ドリルなどで暗記ものを何度も練習させるとか、公式的な問題を解かせるのはいいのですが、インターネットを使用すると、実験問題などを実際に実験を見ることでもう少し感覚的に理解できる事があります。

低学年のうちはゲーム感覚で、デジタル教材を使うのも悪くありません。また、自然環境やミクロの世界、昆虫などについても、色あざやかな動く図鑑を見る事、あるいは動かしたりして遊ぶなかで興味がわいてくるかもしれません。

理科の成績アップは、暗記部分を別にすると、少々勉強したからといってすぐに結果があらわれてこないので、お子さんによってはやる気を失ってしまうことがあります。
また、観察や実験の経過を問うような問題は、本人の体験か、体験したかのようにその実験内容を「考える・想像することができる」ことがポイントになってきます。
すべての実験や観察を実際には体験できませんから、こうした視覚的な刺激で子供の心に植え付けるというのも、ひとつの方法ではあります。

理科はとにかく、本人が「面白そうだな」と思う事がまず一番大事な教科です。観察や実験にも、公式や定式、決まりを覚えた上で体験するとより面白い、実際に実験したみたことが学校で習った事と自分の中で関連づけることができて「あ、そうか!」と思った瞬間の喜びをさせてあげましょう。

そうすれば、単純な棒暗記にならず、理解した上での暗記になり、理科の応用的な問題にも順応できるようになります。した事がない実験でも、それまでの経験から積み重ねて考える力を持っていれば、基本的に小学校の理科の範囲はさほど難しいものではないので、きっとうまくいくはずです。