家庭学習をする場所について

家庭学習は、低学年から中学年ぐらいまでは、あるいは高学年になっても多くのご家庭でリビングルームなど親の目が届く所でやらせているようです。よく言われるように、個室でひとりでやるよりも、そのほうがいいと思います。

とはいえ、リビングならどこでもいいのか、といえばそうでもありません。
まず、きちんと座って姿勢を保てるテーブルと椅子がある場所がいいですね。床に座って座卓のようなものでも大丈夫ですが、テーブルの高さと座った子供の位置に注意しましょう。
姿勢が悪いと、字も汚くなり、また目も悪くなりやすいのです。姿勢を正しく保つためには、本人の意識はもとより、背丈にあったテーブルと椅子を用意する事が大切です。
テーブルの上に、お菓子の袋があったり、読みかけの雑誌があったりすると、ちょっとした事でも子供は気を散らせます。なるたけ、テーブルの上には勉強道具以外は出ていないように片付けましょう。勉強を始める前に「一緒に片付けようね」と言って、リビングに出ているオモチャやゲームをお子さんに片付けさせ、お母さんはテーブルをきれいにすると、「勉強を始める」気持ちが整って気持ちよくスタートできますね。

もちろん、テレビは消します。
お母さんは常に横に立って「見張る」必要はまったくありません。簡単な家事、アイロンがけや洗濯物をたたむ、台所とリビングが見渡せるのなら洗い物などをしていてもかまいません。ただ、お子さんのちょっとした変化、問題が解けないようだとか、何か別の事を考えているとか、そうした変化に気付いて、声かけができるようにしておきたいですね。

お子さんが集中できるように周囲を片づけ、お母さんはお子さんの様子を見守れるようにする事で、家庭学習の環境は整ったといえるのではないでしょうか。