視覚的な教材を利用して、理科を身近なものにさせよう

理科の勉強をご家庭でしようと考えたときに、利用しやすいのはホームページです。
教材やドリルもいいのですが、理科の場合は動画による解説が非常にわかりやすいことがあります。ドリルなどで暗記ものを何度も練習させるとか、公式的な問題を解かせるのはいいのですが、インターネットを使用すると、実験問題などを実際に実験を見ることでもう少し感覚的に理解できる事があります。

低学年のうちはゲーム感覚で、デジタル教材を使うのも悪くありません。また、自然環境やミクロの世界、昆虫などについても、色あざやかな動く図鑑を見る事、あるいは動かしたりして遊ぶなかで興味がわいてくるかもしれません。

理科の成績アップは、暗記部分を別にすると、少々勉強したからといってすぐに結果があらわれてこないので、お子さんによってはやる気を失ってしまうことがあります。
また、観察や実験の経過を問うような問題は、本人の体験か、体験したかのようにその実験内容を「考える・想像することができる」ことがポイントになってきます。
すべての実験や観察を実際には体験できませんから、こうした視覚的な刺激で子供の心に植え付けるというのも、ひとつの方法ではあります。

理科はとにかく、本人が「面白そうだな」と思う事がまず一番大事な教科です。観察や実験にも、公式や定式、決まりを覚えた上で体験するとより面白い、実際に実験したみたことが学校で習った事と自分の中で関連づけることができて「あ、そうか!」と思った瞬間の喜びをさせてあげましょう。

そうすれば、単純な棒暗記にならず、理解した上での暗記になり、理科の応用的な問題にも順応できるようになります。した事がない実験でも、それまでの経験から積み重ねて考える力を持っていれば、基本的に小学校の理科の範囲はさほど難しいものではないので、きっとうまくいくはずです。